• ホーム
  • 勃起障害を予防するトレーニング方法

勃起障害を予防するトレーニング方法

OKサインを出す男性

勃起障害が引き起こされてしまうのは、体において何らかが原因により、男性ホルモンの分泌量が低下し、海綿体に血流を送り込むことができなくなってしまうからです。
これは肉体面においても、精神面においても、過度なストレスが与えられてしまうことにより引き起こされます。
そのため、勃起障害を防ぐためには、健康になることが必要になります。

肉体面の疲労により勃起障害が引き起こされてしまうことを防ぐためには、テストステロンの分泌が必要です。
テストステロンは男性ホルモンの中でも、特に勃起に必要なホルモンです。
男性がより男性らしい特徴を出すために分泌されるホルモンであり、性生活を円滑に行うためには重要になります。
更年期障害により、勃起障害が引き起こされるのは、このテストステロンの分泌量が低下してしまうからです。

精神的なストレスが多くなることも、勃起障害が引き起こされてしまうことになります。
精神的なストレスが大きいと、自律神経が乱れてしまうことにより、うまく海綿体血液を送り込むことができなくなります。
それだけではなく、不眠により体調不良など引き起こされるため、体にとっては悪影響となってしまうのです。

テストステロンは、精神的なストレスに対しても効果を発揮してくれます。
テストステロンの量が多いと、ストレスに対して強い体を作ることができるのです。

テストステロンは運動により分泌量が増えます。
特に無酸素運動を行うことにより、量を増やすことができるのです。
体を限界まで追い込み、乳酸をたくさん分泌させる強度のトレーニングを行うことがテストステロンの分泌量を増やすことにおいて必要であるため、ジョギングなどは向いていません。
なので勃起障害を予防するためのトレーニング方法は、筋トレにより体を限界まで追い込むことなのです。